新着情報

【ご報告】 福岡県社会保険労務士会との提携調印(5/23)2017年05月25日

福岡県中小企業診断士協会と福岡県社会保険労務士会が業務提携

~中小企業の雇用安定・職場生産性向上・経営基盤強化を共同で支援~


一般社団法人福岡県中小企業診断士協会(会長 槇本 健次)と福岡県社会保険労務士会(会長 帆士 宣洋)は、包括的な業務提携を締結しました。
中小企業の企業経営、人事労務管理等について相互に支援し、雇用の安定・生産性の向上・経営基盤の強化に取り組むことを目的としています。
労働力減少による人材不足に悩む中小企業は増加しており、雇用関連助成金の支給要件も大きく変更されています。また、政府が進める「働き方改革」も、中小企業の労務環境に影響すると思われます。
両協会は今後、個別企業からの経営・労務相談、資金調達、創業支援対応に加え、セミナー・研修会等への講師の相互派遣、地域経済動向情報の交換などについて、幅広く協力し合うこととなりました。
時事通信社、ふくおか経済によるマスコミ取材も行われる中、調印式を滞りなく終了しました。


■調印日時 平成29年5月23日(火)18:00
■調印場所 福岡県社会保険労務士会(福岡市博多区博多駅東2-5-8 博多偕成ビル301)

福岡県社会保険労務士会の帆士宣洋会長(左)と福岡県中小企業診断士協会の槇本健次会長(右)



調印式に参加した、福岡県中小企業診断士協会と福岡県社会保険労務士会の理事



時事通信社、ふくおか経済の取材に応じる、帆士社労士協会長と槇本診断士協会長



懇親会の様子

新着情報一覧に戻る