診断士協会について

運営組織

pic_operation_hire

※組織および実施内容は年度により変わることがあります。(記載内容は平成24年度のもの)

総会

 会員全員を対象として、毎年原則1回(5月頃)開催します。協会の活動報告、運営上の重要な事項などを決議します。

監事

3名以内で構成します。理事の職務執行の監査を行い、監査報告を作成します。

理事会

10名以上20名以内で構成しており、年に数回開催します。協会の業務執行に関する事項の決定を行います。また会長、副会長、常任理事の選任を行います。

会長

理事の中から1名選任され、法人法上の代表理事となります。

副会長

理事の中から4名以上が選任され、会長のサポートを行います。副会長は地区部会長を兼任します。

常任理事会

会長、副会長、常任理事5名以内で構成しており、原則毎月開催します。協会の活動内容の確認、理事会に諮る議案の事前抗議などを行います。

委員会

総務委員会
総務部 各種会員情報管理、規程類作成・改訂、他部に属しない事項、事務局の管理を行います。また、協会受注事業リスクに関わる対策及び管理を行います。
管理部 従来からの協会受託事業(国・県・市・その他支援機関からの受託)の人選及び実施状況の把握及び評価を行います。
財務部 予算調整・作成、決算、監査準備を行います。
 試験部  国家試験の会場・監督者の選定及び実施、実務補修の指導者選定及び実施をします。
渉外部 県等の行政機関及び商工会議所等の情報収集及び折衝を行います。・業務委員会
業務委員会
更新研修部 理論政策更新研修の会場・日程及びテーマ・講師の選定、実務従事事業の企画及び実施をします。
協会研修部 支部研修の実施の他、研修事業の企画立案と実施をします。
部会調整部 地域3部会の年度活動計画の把握と調整を行います。
企業内診断士支援部 企業内診断士活動支援の企画立案と実施をします。
国際化支援部 企業及び中小企業診断士の海外進出に関わる研究、研修事業の企画立案と実施をします。
広報委員会
イベント部 無料相談会等の企画・折衝及び相談員選定を行います。また、協会定例行事及びイベント等の企画立案と実施をします。
HP部 対外向けコンテンツの企画・実施、会員向けコンテンツの企画・実施、メーリングリストの整備、会報の発行を行います。
開発部 各種研究会の管理及び情報提供を行います。また、会員スキルアップのための研究会活動の促進(他士業との連携含む)を行います。
健康・リスク支援部 会員向け健康管理情報及びリスク管理情報の提供を行います。
会員入会促進部 会員増に関わる企画立案と実施をします。
政策提案・事業開発委員会
政策提案部 中長期的な視点での本協会の戦略提案及び対行政及び中小企業支援機関等への政策提案研究を行います。また、新規受注案件の実施状況の把握、評価を行います。
事業開発部 金融、医療介護、商店街等5つの支援研究プロジェクトチームの他、官需、民需に関わる新規受注案件の発掘と実施を行います。

 

部会

福岡部会、北九州部会、筑後部会の3部会があり、活動地域が近い会員同士の交流・自己研鑽の場として機能しています。具体的には、講師を招いての研修会、勉強会、交流会などを実施しています。